リサイクル支援制度って一体どんな制度なの?

リサイクル支援制度とは?

まずそもそも、リサイクル支援制度とはいったい何なのでしょうか?
リサイクル支援制度というのは、 簡単に言えばリサイクルにかかる費用を一部補助してくれる制度。
環境省を中心とした、政府機関・自治体がそれを制定し、国内でリサイクルの処理能力を増強するために作られた制度となっています。
そもそも、近年の輸入規制などによって、国内で処理しなければならない資源物や産業廃棄物が増えてしまっているのが現状であり、中間処理施設や焼却施設、最終的な処分場等に持ち込まれる資源が増えてしまい、リサイクルをするための資金や能力がオーバーヒートしてしまっているのが問題のため、そのような制度が出来たようです。

リサイクルは生産するよりもコストがかかってしまう場合がありますから、このような制度があると役に立ちますね。

どんな人が受ける?

さて、そんなリサイクル支援制度ですが、その制度に基づいて補助金が受けられる人とはどのような方なのでしょうか?
まず、別ページに記載した通り、収集所等の中間処理施設や、ごみ等を焼却するための施設、最終的なゴミやリサイクル品の処理場等は支援の対象となる可能性があるそうです。
そのようなリサイクルを直接するための処理業だけではなく、環境施設やリサイクルショップ等のリサイクル業を営んでいる方が、補助金を受けられる対象となる可能性もあるようです。
ただ、リサイクル支援制度にも、様々な種類がある上、今リサイクル業を営んでいる方が、どう対象となり、どれだけ貰えるのかというのは、筆者だけでは判断ができません。
リサイクル支援制度が受けられるのかどうかというのは、各々の自治体等にて聞いていただければ、詳しいことがわかると思われます。