受給までには時間がかかります

審査の内容

支援制度の審査の対象となる企業は、その企業の事業が要請側の希望に沿ったものであることが大前提です。
申請する場合はまずは
・申請機関への申請書を提出
・事業計画や実績を報告(書面にて提出)
・その後銀行などと同じく返済能力があるかどうかを、以前からの実績なども含めて審査

支援金は融資と同じですので、今後の返済計画について返済能力があるのかどうかを審査されます。
補助金は返済義務はありませんが、補助金を受けとりその事業が終わった後の5年間も、事業の進捗状況を書面などで報告する必要が生じます。
どちらにおいても、直近の資金調達の手段ではなく、あくまで政策などに沿った事業を拡大・育成するために必要な金額を受給できる制度です。
ただし、支援金や補助金は他の金融機関からの融資よりも金額が非常に大きく、支援金については利率も低いものです。

受給までの期間

支援金受給までには時間がかかります。
申請から、必要書類の提出や面談、様々な手続きを経て支援金を受け取ることが出来ます。基本的には、銀行の融資と変わらない審査が必要です。書類を提出した後の手続きの時間などにもよりますが、早くても1か月後、話の進み合い具合によっては数か月かかると踏んでおいた方が良いでしょう。


補助金受給までの期間は請け負った事業のスパンによって変わります。
請け負った事業が比較的早めの結果を出せる事業だと、最短で2~6ヶ月後。長いスパンの事業だと平均で一年半後に受給されます。
つまり、事業期間を経てその事業を完了させた報告の後に支払われるという事です。ただし、事業をする事前に支払われる補助金もありますのでよく確認をしましょう。